40代 ブックランキング 保存版

40代のブックランキング保存版

1位

1Q84(1〜3)長編
文庫版だと(1〜6)
村上春樹

 

何度も読める長編小説ってなかなかありません。
1位〜3位までをbook1…2…3としてしまっても良いくらいですね。

 

現実とファンタジーとその間。
世界観は独特。描写も独特なリズム。

 

文章にして作品の良さを伝えようと思った時、
あぁ伝えづらいな…。

 

きっとそこに村上春樹の良さの神髄があるんでしょうね。
なかなか映像に表現できてないことも、
この掴みどころのなさが影響しているように思います。

 

私が村上作品を推す理由。
それはある意味、
ありのままの人間を描いているからです。
そこに壁を感じることはありません。
この作品もそうですね。

 

長編小説を読んだことのない方へ一番勧めたい本です。

 

2位

夜と霧
V.E.フランクル

 

1956年に出版されました。
小説というか体験記ですかね。これは。

 

日本語訳はみすず書房から2種類出ています。

 

この物語は、
ウィーン生まれの精神科医が、
ナチスドイツに強制収容されていた
実体験をもとに書かれているということ。

 

ハッキリ言って、
説明はこれだけで十分だと思います。

 

一言あえて付け加えさせてもらうと、
強烈な体験をノンフィクション作品で書けば、
小説がそれを超えることは難しい。

 

だからこそ村上春樹は光って見える。

 

3位

悼む人
文庫版だと上下
天童荒太

 

直木賞作品。

 

生きること。死ぬこと。
そういったことに対する自分の価値観ってどうなんだろうか。
どうだったんだろうか。
どうなったんだろうか。

 

シリアスな空気感がメインとなって描かれていますが、
暖かい気持ちになれる要素も多く含まれている作品と言えるのではないでしょうか。
映画化もされている作品なので、
それを見たのか、
そうでないのかによっても変わってしまう部分が否めないです。
しかし、
芥川賞作品とは違って
直木賞作品は読者に『何か』を刻んでくれます。

 

そんなことを確認できる作品。

 

アマゾンのランキングではこうなっています。

以下はリアルタイムのアマゾンランキング

 



関連ページ

40代のランキングについて
ここでは40代のランキングを一般的なランキングと比較してみたりしてます。完全な気分でやってます。同じ年代の方は気が向いたら参考にしてみてください。
40代のスロットランキング保存版
スロットランキング現行機種と歴代ランキング
40代ファミコン裏技ランキング
初代ファミリーコンピューターの裏技にまつわる40代のランキングを出しました。