スロ パチ 初心者

スロットやパチンコの初心者時期

 

現代のスロットやパチンコから入門した方って、まず音のデカサにビックリしませんか?

 

僕は2007年頃から耳栓を愛用しています。
ちょうどユーザー歴10年目あたりでした。

 

現代の台はとにかく音がデカイ。
一応規制もあるようですが笑

 

あまり知られていない事実

ギャンブルにおいて、
ギャンブル歴20年の僕が
一番最初に伝えらえる大切なこと。

 

【考え方を最初に固めてください】

 

ようするに『どうしたいの?』ってことです。

 

この方向性をきちんと決めておかないと
ギャンブルに依存してしまいます。


ギャンブル依存症の原因

 

ギャンブルにハマる一番の原因は、
考えていたよりも出たり、
考えていたよりもハマったりすること。

 

これは覚えておいて損はないと思います。

 

簡単に遊びたい中にも、
負けたくないって気持ちは
必ず発生します。

 

なので想定の範囲を固めましょう。

 

ただ、ここでは長くなるので
ギャンブル依存症と表現していますが、

 

ギャンブル依存症については
こちらの記事で詳しく書いています。
スロットやパチンコの依存症は嘘


兼業とか専業プロの落とし穴

 

兼業や専業になりたい。
つまり絶対に負けたくない。
そんな方へ。

 

僕が経験してきたことの中で、
役に立ちそうなことを伝えられたらな。と

 

最初に、
正しいプロ意識を
吸収してもらえたらうれしいですね。

 

コレがあれば、
大抵のことは乗り越えらえます。 

  1. ジャンルのもみ幅
  2. 1のジャンルは絶対ではない
  3. 稼げない理由は5万とある

1について
これは今に例えれば
主流は天井ハイエナですよね。

 

ってことは天井ハイエナの
もみ幅を理解しておく必要があります。

 

もみ幅とは
どれくらいの期間で安定するのか
ということです。
そしてその金額です。

 

短期で見るほど勝率は下がります。

 

目先で見れば
絶対に勝てるギャンブルはありません。

 

これは競馬でもカジノでも同じです。

2について
1のもみ幅を理解しても、
時代の流れがあるので
『波』がやってきます。

 

この第2段階を理解していないと
挫折の原因になります。

 

つまり、
天井ハイエナの次は必ず来て、
そしてもみ幅が変わり…

 

これを繰り返すのがギャンブラー。

 

天井ハイエナがダメになる

スロは喰えない
となりやすいです。

3について
これも挫折の大きな原因です。
ネットビジネスでも
スロットでも
会社員でも、
稼ぎが低かったり、
稼げないと感じることは多いです。

 

むしろそう感じることの方が多です。

 

いったいアルバイトをしている人で、
自分の時給が高いと感じている人が
何人いるのでしょう。
そんな感覚です。

 

例を挙げればキリがないので
あえて挙げませんが、

 

どんな取り組みでも
続ける理由よりは
辞める理由の方がはるかに多い
ことだけを伝えたいです

 

勝負の幸運を祈ります。

 

細かいことや
目先のことを具体的に
学びたい方は
スロットパチンコで負けたくない初心者の方へ【最短】


関連ページ

スロパチユーザーについて
ユーザー視点って大切ですよね。プライベートで打つにしろ打たないにしろ、いやむしろ全ての人は打つべきなのでしょう。必要があれば機種情報もUPしていきます。
スロプロあるある
スロプロユーザーとしてのあるある情報を書いてみようかな。なんて思ってみました。
ハイエナについて
専業の価値観として、ハイエナが終わろうとしている今だからこそハイエナの業界的な立ち位置とはなんだったのかを伝えておきたいと考えました。
3×3EYESの設定C
今さらですが、3×3EYESの設定Cを打ちました。朝一からだったので、結構回せました。ただ、ビタ押し成功率がイマイチだったので成果は…
スロットやパチンコの依存症は嘘
ギャンブル依存症は嘘だってご存知でしょうか。作られた言葉の表面だけを見ると、うまくいくものも上手くいかなくなってしまいます。 真実を理解して正しい情報を自分のものにしましょう。
スロットパチンコで負けたくない初心者の方へ【最短】
スロットパチンコで負けたくない初心者の方へ【最短】でお伝えします。僕の20年で伝えられて、みなさんが知りたいであろうことを1ページに最短でまとめておきました。
負けない方法を具体的に1ページで【最短ナビ】
スロットやパチンコには勉強すれば負けないという真実があります。方法を具体的に1ページで書いておきます。現在のパチンコやスロット事情を知っておけば…
【負けたくない】人にメンタル面の事実を最短でナビ
負けないためには方法だけでは足りないものがあります。【考え方】です。これを理解していないと、目の前の結果だけに心が持たなくなってしまいます。これを【挫折】といいます…