スロプロ あるある

スロプロあるある

スロやパチで勝ち続ける人たちにも
そういばあるあるがあるな。
なんて思ったのでピックUPしてみました。

 

時給あるある

ハイエナ人口がピークを迎えた近年では、
よく耳にするようになりましたが、
専業者のまわりで昔から出ること。

 

それは『時給にしたら○○だな』とか。
現行では僕の場合
時給2000円クラスを基準に
行動するようにしていますけど、
兼業プロ(特にフリーター)の人には時給の話題をよくフラれますよね。

 

たまに価値観が違っていたりする人もいて、
バイトの時給とスロの時給とでは
本質が違うのに
天秤にかけられちゃったりもします。

 

『専業になろうかな』なんて考えていたり。
※一部『オレ的には戦国だな』なんて人もいます

 

僕の体感から言うと、
スロで時給2000円なら、
バイトで言えば1000円くらいのものですよ。
価値としては。

 

確実性の違いですよ。

 

数字だけで見れば
きっとバイト1500円くらいなんでしょうけど、
メンタルが揺さぶられますし、
ちょうど今のように、
転換期を迎えてるときなんかはメンタル面で
『不確定』の重さがズシっときてます。

 

ボーナスやATは確定しても時給は不確定。

 

あくまで平均であって、
僕なんかは年間の平均値で体感を磨いてます。
このテーマは
スロ歴20年の中で数えきれないほど話ましたね。

 

時代の転換期あるある

これはまさに今2017年がそうだと思いますよ。
この揺さぶりの時期があるからこそ、
スロ専業人口って調整されるんですよ。

 

一番多かったのは、
4号機AT〜STのイベント設定時代ですかね。
次が
今回ピークを過ぎた5号機ハイエナ時代。

 

大きな揺さぶりは何度かありましたけど、
その都度、
一定数が去り、
全体がどんより不安に包まれます。
潔くすぐに仕事をする人もいたりしますよね。

 

もちろんデッカイ波がきて、
そのあと復活できる保証なんてありません。

 

今回のように業界の大きな衰退期と重なると、
お先なんて真っ暗ですよね。
毎回、不安ですよ。そりゃ。

 

特に現代は昔みたいに、
半攻略とか全攻略なんていう
事故の確率は極めて低い時代ですから。

 

今回もどうなるかわかりません。

 

もちろん僕はカジノができたら挑戦します。
外資系資本で巨大施設ができたとしても、
入場さえできるなら、
そこには確実にメイドインジャパンのマシンが一定数ありますので。

 

ただ、マーケットがパワースポットになってしまいますから、
かなりの修羅場が予想されます。

 

最後は異性あるある

スロ専業って僕の知ってる範囲ではまじめ肌が多いです。
社会性には問題アリアリですけど。

 

専業で出勤率の高い人間が、
いきなり出勤率が下がるなんてことがままあります。
これは大抵女性問題です。

 

女性を連れて仲間にしちゃう人だっていたりします。

 

引退事情にも絡むこともありますよね。
かなりの数を見てきました。
プレミアでは、
山形の事件みたいに死んで引退する人もいるようですが。

 

あるある情報
キモオタデブ+にーとでした


関連ページ

スロパチユーザーについて
ユーザー視点って大切ですよね。プライベートで打つにしろ打たないにしろ、いやむしろ全ての人は打つべきなのでしょう。必要があれば機種情報もUPしていきます。
スロパチ初心者の方
どんなことにも初心者の時期はつきもの。 初心者を上から目線で見る人間が一定数いるのもつきもの。 右も左もわからないから面白いなんてこともあったり、なかったり…
ハイエナについて
専業の価値観として、ハイエナが終わろうとしている今だからこそハイエナの業界的な立ち位置とはなんだったのかを伝えておきたいと考えました。
3×3EYESの設定C
今さらですが、3×3EYESの設定Cを打ちました。朝一からだったので、結構回せました。ただ、ビタ押し成功率がイマイチだったので成果は…
スロットやパチンコの依存症は嘘
ギャンブル依存症は嘘だってご存知でしょうか。作られた言葉の表面だけを見ると、うまくいくものも上手くいかなくなってしまいます。 真実を理解して正しい情報を自分のものにしましょう。
スロットパチンコで負けたくない初心者の方へ【最短】
スロットパチンコで負けたくない初心者の方へ【最短】でお伝えします。僕の20年で伝えられて、みなさんが知りたいであろうことを1ページに最短でまとめておきました。
負けない方法を具体的に1ページで【最短ナビ】
スロットやパチンコには勉強すれば負けないという真実があります。方法を具体的に1ページで書いておきます。現在のパチンコやスロット事情を知っておけば…
【負けたくない】人にメンタル面の事実を最短でナビ
負けないためには方法だけでは足りないものがあります。【考え方】です。これを理解していないと、目の前の結果だけに心が持たなくなってしまいます。これを【挫折】といいます…